Innovative drug infusion technology for laboratory animals.

プログラム可能 Programmable    

iPRECIO®ポンプは、専用のマネジメントソフトウェアと
共に使用します。シンプルで分かり易いソフトウェア画面を
介し、自由度の高い投与プロトコルのプログラミングを行う
ことができます。

※ソフトウェアは、日本語・英語に対応しています。

設定可能フローレート    KVO機能   プログラムの流れ [ワークフロー]    モニタリング・スケジュール管理画面    バッテリー駆動時間


設定可能フローレート:0.1µL/hr ~10.0µL/hr (設定分解能:0.1µL/hr) - 最大15ステップ

投与量は、フローレートの指定またはDoseの指定(薬液濃度・動物体重範囲の指定)のいずれでも設定可能。投与量・投与期間の組合せを最大15ステップまで設定することができます。


フローレートだけでなく、Doseによる設定(投与する溶液の濃度と試験期間内の最大/最小動物体重、
ポンプ吐出性能から、Max./Min.のDoseをソフトウェアが自動計算します)を行うことができます。
また、登録された投与プロトコルを元に、ソフトウェアがバッテリー残量時間を自動計算します。

実験動物を用いた薬液投与試験で必要とされる概念を考慮し、
投与プロトコルの策定を支援するソフトウェア設計となっています。



15ステップまでフローレート(またはDoseによる設定)を指定することができ、それぞれのフローレートでの投与期間も
指定可能なため、周期的な薬物投与サイクルを自動的に再現することもできます。
また、連続する2つ以上の投与ステップをグルーピングし、任意の回数投与実行を繰返す設定も可能で、
多彩な投与プロトコルのプログラミングを実現します。



















KVO(Keep Vein Open)機能

持続的な低流速投与により、投与ルートの
閉塞リスクを低減させる機能です。

ポンプ埋込み手術などの処置を施された動物は、薬剤投与に適した状態(生理学的に自然な状態)に戻るまで、回復期間を設けることが推奨されています。KVO機能は、回復期間中に輸液などを持続的に低流速投与し、生体成分の凝固などによるチューブ閉塞リスクを低減させる機能です。加えて、ポンプ内のデッドボリュームを自動的に計算し、ユーザーが定義する薬剤投与スケジュールに合わせて、適切なフラッシングをサポートする機能を有します。


プログラムの流れ [ワークフロー]

Step1
Studyの開始:
Study名などヘッダー情報の作成・登録
Step2
動物⇔ ポンプの設定:
① 動物のn数を指定
② ポンプの自動読込実施
    (ポンプID/CAL値自動セット)
③ 動物ID・体重・雄雌・週齢、動物種・
    系統・投与ルート(マスタ情報の指定)
    の登録
Step3
KVOの設定
(スキップすることもできます)
Step4
投与プロトコルの設定
予め登録しておいた投与プロトコルがある場合は、そのなかから、各動物・ポンプに割り当てたい投与プロトコルを指定(設定)します。
また、ここでポンプ通信間隔も指定します。通信間隔を長くすることで電池寿命を延ばすことが可能になります。
ポンプ通信間隔

     以上で、投与を開始することができます。
     リフィルスケジュールの確認や記録、投与量のグラフ確認、薬液量の計算は、モニター画面より確認・実施します。
     ログ出力も可能です。

モニタリング・スケジュール管理画面

リフィル(補充)スケジュールの確認・記録、投与スケジュール・投与量推移をグラフで確認することができます。
リザーバ内の溶液残量に閾値設定をし、アラートを表示する(グラフ領域の背景色が変わります)ことも可能です。




バッテリー駆動時間

下記は、フローレート・ポンプ通信間隔(ログ取得間隔)毎のバッテリー駆動時間目安です。
ポンプ通信間隔が長い方が、バッテリー寿命も長くなります。

ログ取得間隔 毎分 2時間毎 6時間毎
フローレート
(µL/hr)
駆動時間(hours) 駆動日数(days) 駆動時間(hours) 駆動日数(days) 駆動時間(hours) 駆動日数(days)
0.1 403 16 907 37 1025 42
1.0 352
14 681 28 745 31
5.0 243
10 362 15 379 15
10.0 169
7 218 9
224 9
ログ取得間隔 24時間毎∗ 無∗ *ポンプ通信間隔を長く設定すると、メモリー容量の関係で古いログから消去されることがあります。
フローレート
(µL/hr)
駆動時間(hours) 駆動日数(days) 駆動時間(hours) 駆動日数(days)
0.1 1104 45 1139 47
1.0 785 32 803
33
5.0 389 16 394 16
10.0 227 9 228 9

※上表に記載のバッテリー駆動時間は計算値となっており参考情報です。実際に実験で使用される際は、薬液投与開始前のKVO(動物の手術からの回復期間)の設定フローレートや期間、投与プロトコルの内容により、どのくらいの期間連続投与可能かについては変動します。投与プロトコルのプログラミング時に、マネジメントソフトウェア画面にて、自動計算されたバッテリー残量が表示されるようになっています。

下記は、フローレート・駆動日数毎のリフィル回数目安です。

ポンプ通信間隔 毎分 24時間毎
フローレート
(µL/hr)
駆動日数(days) リフィル回数目安 駆動日数(days) リフィル回数目安
0.1 17 0 45 1
1.0 15 3 32 7
5.0 10 12 16 19
10.0 7 17 9 22

Page top

logo